痩せホルモンUP!おからパウダーで体質改善-Dr.スッキリ

ダイエット

1月も後半になりましたが、お正月太りが解消されずに何かしなくては!と思っている方も多いのではないでしょうか?私もその一人なのですが、ちょうどスッキリで痩せホルモンの話をしていたので、少し調べてみたいと思います。簡単に痩せホルモンを摂取できるおからパウダーの使い方も一緒にまとめます!

自分はやせやすい?or やせにくい?

人は大きくわけて、3つの体形があります。

  1. リンゴ体形…足は細め。上半身に脂肪がつきやすいタイプ。(男性型)
  2. 洋ナシ体形…上半身は細め。お尻、太ももなど下半身が太いタイプ(女性型)
  3. バナナ体形…手足が細く、体も薄い。下腹ぽっこりタイプ。

この中で痩せにくいのは、1のリンゴ体形。なぜかというと、ホルモンの関係です!脂肪が付く場所が、皮下脂肪ではなく、内臓脂肪についてしまうのです。内臓脂肪が悪さをして、動脈硬化や問題を引き起こすのです。このホルモンが痩せホルモンに繋がります。

スポンサーリンク

痩せホルモンとは?

ホルモンというと、内臓などから分泌されるもののイメージですが、脂肪細胞からも分泌されているのです。脂肪細胞からはホルモンだけでなく多くの生理活性物質が分泌されていますが、そのなかで注目されているの痩せホルモンがアディポネクチンです。 これが増えると、太りにくい体にしてくれるので、痩せホルモンを増やすことが効率的に痩せることへと繋がります。

これは、1996年に大阪大学の研究チームが発見し、話題になったホルモンです。脂肪細胞から分泌されるホルモンで、このホルモンの分泌量が少ないとなかなか痩せにくいということに繋がります。

運動と同様の脂肪燃焼効果あり!

2010年に、東大の研究グループが発表したもので、運動をしたことと同じだけの脂肪燃焼効果があるとのことです。

大豆タンパク質で分泌が増える!

2010年の大阪大学の研究で、大豆タンパクを食べるとアディポネクチンの分泌が増えるという発表がされています。実際の研究で発表されているのであれば、もちろん増やしていきたいものですね。ただ、普段の生活で大豆タンパクだけをうまく摂取するのは簡単なことではないので、効率よく摂取するためには、【おからパウダー】がオススメなのです。

痩せホルモンUPにおからパウダー

おからパウダーは、食物繊維が豊富で腹持ちはよいのに、低カロリー、低糖質で美容効果も期待できる食品です。痩せホルモンを効率よく摂取するには、このおからパウダーが様々なところで推奨されています。スーパーでも売っていますので、簡単に手に入れることのできることがまたよいですね。もちろん、ポチッと書くこともできます。

おからパウダーの使い方レシピは色々と発表されていますが、誰でも簡単に取り入れられるのが、コーヒーに入れること!いつも通りに飲むコーヒーに、小さじ1杯のおからパウダーを入れていくことで、3週間で数キロ痩せた~という事実もあるようです。まずは、続けることが1番大事なので、簡単なことからしっかり続けていき、アディポネクチンを増やし、痩せホルモンを体にためていきたいですね。 私も早速、試していきたいと思います!!

夏に痩せようと思っているのは違うかもしれない…と私も昨年、気付きました。同じように思っている方も多いかもしれないですよね。あの猛暑、汗をかく場所にいくよりも、どうしても命を守るために冷房がきいている中にいることが多くなりますよね。地球の温暖化でその現象は今後も変わらないかもしれません。夏バテで気づいたら痩せていた、という危険な痩せ方でなく、健康的にキレイになるために、おからパウダーから試してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました