レンタルなんもしない人 キニナル?スッキリ!嵐の大野くんもこんな考え方が!?

エンタメ

Twitterで”レンタルなんもしない人”がキニナルと騒がれています。この人、どんな人なのでしょうか?結婚もしていて、子どもがいるのに、無収入なんて心配…と思った人も多いですよね。(私、思いました・笑)でも、この方の生き方を知って考えたこともあります。それをまとめてみます。

レンタルなんもしない人 誰?顔画像!

名前は 森本祥司 (もりもと しょうじ)さん。年齢は34歳。手塚治虫さんも卒業した大阪大学の大学院を卒業し、出版社に就職。会社勤めも疑問を感じる事が多く、3年で退社し、フリーのライターになりました。それでも、ライターというお仕事にも飽きてしまって、2018年6月から【レンタルなんもしない人】というサービスをしています。でも、お金が発生しないサービスだから、職業ではないんですよね。今は、人と違ったことを体験し、何をするかを考えている時期なのでしょう。

スッキリ 公式より

でも、森本(レンタルなんもしない人)さんは、奥様もお子様もいらっしゃるご家庭のお父さん。この姿をみて、「今は楽しそうだからいい」と言える奥様がつわものですね。レンタルなんもしない人さんに対して、何かステキな未来を感じる部分と、この感性を信じているのから言える言葉だと思います。

ホントに「なんもしない人」ではないから間違っちゃいけない。

Twitterにもある通り、依頼者の前では、何もしないそうですね。

なんもしない人(ぼく)を貸し出します。常時受付中です。国分寺駅からの交通費と、飲食代等の諸経費だけ(かかれば)ご負担いただきます。お問い合わせはDMでもなんでも。飲み食いと、ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。

https://twitter.com/morimotoshoji

ただ、この森本さんがホントに、なにもしなくダラダラしている人、とは思ってはいけないのです。まず、Twitterを使って発信をしているし、TwitterへのDMに返信をしているし、依頼者の依頼に合わせて動いているのです。その場では「なにもしない」サービスを提供しているけれど、無職仲間、と安心している人がいるとしたらそれは間違いです。仲間だと思っていたら、一気に違う世界に行ってしまいそうな人ですね。

キニナルジャーナル スッキリでの反応は?

「なんにもしたくない時期ってやってくる」でもその何もしない時期を過ごした人は、急に動きだす傾向にあります。だから、「なんもしない人が何かをする瞬間がとても楽しみ!」といった加藤さんにすごく同感です。
でも大半の人は、【何もしない時期】を望んでもその時期を実現させることは難しいのではないでしょうか。義務教育から学校に行くのが当たり前で毎日動いていた日があり、何かしらのお仕事をして…というのが一般的な生き方。そうすると、常に【何かをしている】んですよね。それを改めて、考えることはなく、私を含め多くの人が無意識ではないでしょうか。

これを面白いと感じる人、疑問を感じる人…もちろん賛否両論だと思います。それは常識という枠を超えているから!ただ、こういったサービスを求めている人がいる世の中なのは事実です。変に広がって、色々な人が真似して、事件化してしまうことだけは避けたいですね。

嵐の大野くんの心は、これに近いかな?

あくまでも私の感じたことですのでそれを前提にお願いします。

夏休み希望を出した大野くんですが、この【レンタルなんもしない人】さんの考え方や行動に精通する部分が少なからずあるかな、と思うのです。まあ、この森本さんが会社員3年に対し、大野くんは20年なので、その大小の差はもちろんあります。ただ、”なんもしない時期を選択する”ことから未来を考えようとしているのではないでしょうか。この森本さんも、出版社に就職する、フリーライターになって一つの生きていく道をそのまま歩むことはできたと思うのです。でも、立ち止まり、自分ができること、本当にしたいこと、を考えた結果が今だと思うのです。ずっとそのまま何もしない選択をする訳ではなく、『この先の自分は何かしたいか?』そして『自分しかできないことは何か?』『自分が生きがいと思うことは何か?』と自分の本心と向き合って考える時間が流れていくのです。

嵐の会見をみていて、「人気絶頂の時にやろうと思ってできることではない。それは、この先が不安になるから。」と言っているのを耳にします。こういった先の人生に対して不安を感じて自分の心に蓋をするのではなく、心に素直になって動くことを認めてくれる仲間や家族がいることは大きな財産です。真似しようと思って真似できる行動ではないですが、自分の時間を『少し立ち止まって考えること』から新たな発見があるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました