松岡昌宏 悔し涙の理由は?山口達也にお前はズルい!退職願の行方は?

エンタメ

松岡昌宏がTOKIO4人での会見にて、悔し涙を流して話すシーンが印象的でした。山口達也のことを「あんた」「お前」と言いながら自分の想いを伝えたことをあらわにしています。どうでもよい相手だったらこんなに自分の感情を出しながら発言はしないでしょう。「兄ぃ」と慕っていた松岡くんだから、今回の山口達也の行動、言動の全てが悔しかったのでしょう。

スポンサーリンク



松岡昌宏 TOKIO解散すると悔し涙

山口達也の謝罪会見にて『自分にまだ席があるならそこに帰りたい』と山口が言った発言に対して「甘えの根源が僕らTOKIOだったとしたら、そんなTOKIOをなくしてしまえばいい…」という意味でした。本当に解散したいわけではなく、山口にとって甘えの場所だったらいらないという強く、男気にある発言です。

山口達也「もしも席があるのであれば帰りたい」と発言した気持ちの推測

山口達也の謝罪会見をみていましたが、一人の視聴者としてみていた私は誘導尋問だったようにも感じました。何度も何度も同じような質問を繰り返す記者に対して、

「警察の操作中のためお答えできません」

と言わざるを得ない質問が多かったです。そのことについて批判の意見もたくさんあげられています。そんな質問の中で、TOKIOでの今後のことを聞かれ、この先のことを聞かれたから、”もしも”の話をしたのだと思います。松岡昌宏が「甘えるな」と言ったように、それはあの場で発言すべき言葉ではなかったかもしれない。でも、今すぐの話をしたのではなく、マスコミが導いた結果の答えだったのではないか?と思ってなりません!

スポンサーリンク




松岡昌宏 悔し涙で「あなたは病気です」

山口達也が、「TOKIOに戻りたい」という発言をしたからこそ、愛をもって突き放しました。そんな簡単なことではない、と。

崖っぷちにいるんじゃなく、既に崖の下に落ちていることに気付いていない。正直あなたは病気です。悪いのは 酒じゃない、あなたです。まず自分と向き合ってくれ!話はそれからだ。

松岡は、山口のために病院や多方面の人の話を聞いて対処しようともしてきたようです。求めていた答え “アルコール依存症” という診断結果は出てこず、どうすればいいのかと思っていたと言っています。もっと早く病院をちゃんと探していたらこうなる前に止められたのではないか?と思って僅かでも思ってしまっているのであれば、自分を責めないで欲しいです。

松岡昌宏の悔し涙 もし逆の立場だったら…

ーボクにはそんなメンタルないです

山口達也は3月に警察の事情聴取を受けていました。4月25日の報道までTOKIOの4人は事件を知らされておらず、それまで通りテレビ出演なども続けていたようです。松岡さんは

「なぜその時点で、事務所やメンバーに言ってくれなかったのか」

と悔しさをにじませ、

「そこが今回の一つの原因なのか、甘さなのかと考えると、どういう気持ちでテレビに出ていたのか。ボクにはそんなメンタルないです。

と悔し涙を流しています。山口にとって、ここまで発展してしまう事件になるとは思わなかったのか、それともなんとかなると思っていたのか。

お前はズルい!土下座をした山口へ!

山口がメンバー4人に会った時に鞄から辞表を出した時に、松岡昌宏は怒ったそうです。

「もし逆の立場だったら、この辞表を会社に出せるか?」と。

今の上記要で、山口達也がTOKIOに戻って来る場所はない、とハッキリと思っている松岡くんですが辞表を見た時は驚いたと言っています。今まで何も話してくれず、こんな状況になっているのに、辞表を渡されて終わり、ということにも憤りを感じたことでしょう。

退職願をTOKIOへ。山口達也の「甘さ」

なぜ、会社でなく、TOKIOへと退職願を渡したのか。これは、言うまでもなく山口達也の「甘さ」なのだと思います。どうにもならないことをした時に『辞めて責任をとる』というのは一般的にもよくあることですね。

  • 自分の出した決断が合っているかどうかを確認する
  • 引き止めて欲しかった

こんな理由から山口達也はTOKIOのメンバーに退職願を持っていったのではないでしょうか。渡されたメンバーには重すぎる届け出であることは間違いありません。ジャニー喜多川社長も「任せる」と言ってくれているTOKIOに対してのことですから、この退職願の行方は4人で相談して決めることになるのでしょう。

何だか今は、4人での出発の現れとなっている、4人になったジャニーズのHPをみていると切ない気持ちになります。メンバーの会見をみていても涙が出てきます。この報道が終わり、とりあえず4人の笑顔がたくさん見られますように。

スポンサーリンク




コメント

タイトルとURLをコピーしました