ウエンツは留学をいつから考えていた?夢を追う姿に影響される人多数!!

エンタメ

ウエンツさんは留学のために、芸能活動を一時休止となります。本日のスッキリにて生放送出演が終了。ここまでの7年間、温かいスタッフさんに囲まれ、それに答えて番組をつくってきた彼を感じることができました。そんな留学はいつから考えていたのでしょう。夢を持つって、ホント素晴らしいことですね。応援しています!!

スポンサーリンク


ウエンツ瑛士 留学期間は?

2018年10月から1年半!の期間だそうですね。子役時代から共にしてきている「あかね」こと大沢あかねさんもおっしゃってましたが、「1年半は短い。スタート地点に立てるか立てないかの期間」です。

  • 現在の芸能活動のこと
  • 自分の年齢のこと
  • 留学後のこと

色々考えた結果、1年半という期間を選んだのではないかな?と思います。この長くて短い、短くて長い1年半、夢に向かってどっぷり浸かってきて欲しいと願います。

スポンサーリンク


ウエンツ瑛士 留学はいつから考えていた?

ずっと夢として持っていたようですが、3年前にこの夢は具体化されて動き始めたようです。

「3年前に自分がいつか自分がイギリスのロンドンで舞台に立ちたい」という気持ちが強くなってきて、「日本にいながら、その夢に近づくための方法なり、努力をこの数年重ねてきたのですが、日に日にイギリスに行って勉強したい、という気持ちが強くなり…」

※火曜サプライズより抜粋・引用

そして背中を押してくれたのは、スッキリで出会った【大隅良典栄誉教授(ノーベル医学・生理賞受賞)】だったようです。

『やりたいことをやろうと思ってくれることが若者の特権。あまりシュリンクせずにやってほしい』と。この言葉に感化されていったようです。

ウエンツの一歩に影響される声

 

ウエンツ瑛士へ応援&感謝!!

芸能界でずっと成功しているのに、次の夢を持って、次の夢に向かって歩きだすウエンツさんにすごく感銘を受けています。今の生活に特に不満がなければ、【現状維持】という1番楽な生き方があります。私を含め、そうやって”なんとなく”生きている人ってたくさんいますよね。

でも、今回ウエンツさんは、未知の世界に一歩進みだした…!

チャレンジすることで怖いことは、その後のことだと思います。1年半後の自分が、絶対成功しているなんて保証はない…。だから、チャレンジしない選択をしていることはたくさんあると感じています。守らなくてはいけないものがある以上、何も考えないチャレンジばかりはしていられないけれど、この夢を持ち続けることはすごく、すごく大事なことだと感じます。

親になると自分の夢を子どもに重ねて、子どもの成長が全てになりがちだけれども、子どもは子どもでどんどん大きくなるし、成長していくことを嬉しく受け止めなくてはいけない。子どもが育った時に、「あれ?」と自分自身の立ち止まった時間を感じることだけは避けたいと感じます。だからというってすぐに『私●●やってきますー』なんて軽くは動けないけれど、こうやって考える時間、感じることを大事にしていきたいな、と思いました。

そんな機会をくれた、ウエンツ瑛士さん、ありがとうございます!!応援していますー

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました