あな家 木村多江が怖い!!走る姿は魔性の女 第8話の感想

あなたには帰る家がある

あなたには帰る家がある(略して、あな家)の第8話では感動が多い回でした。感動したのは、佐藤家の家族に関しての部分ですが、木村多江の勢いも凄かった…。鍵を盗むところから始まり、一緒に住んでいる風に待ち伏せる行動。すごくゾクゾクしました。そんな木村多江の行動に注目して、8話の感想をまとめてみます。

スポンサーリンク


あな家 木村多江の怖さ ー前半ー

「急に降られてしまって…。」と雨が降る中、秀明の新居に突然現れる。タオルを持ってきてもらう間に、勝手に家の中を物色して鍵を盗む。

「仕事決まったの。私も働いて、秀明さんを支えたい。」

と雨に濡れたことを口実に下着のような姿になり、秀明に話を続ける。秀明が困惑していることをすべてわかった状態でやっているところが恐ろしい。

誤解されたくないからということを理由に「返さなくていいから」と秀明はパーカーを渡す。秀明は、綾子のしつこさなら、こんな簡単に引き下がらないと内心思っていたが、綾子は鍵を盗っていたので、すぐに言うことを聞いた。すべては綾子の望み通りに話が進んでいるようにみえてしまう…。

スポンサーリンク


あな家 8話の内容

8話の内容としては、佐藤家が家族の大切さや、温かみを表現している。娘、麗奈が涙しながら「3人がいい」と言うシーンでは涙腺崩壊。母親だけの目線より、父親目線も合ったほうがいいな、と両親の大切さを考えさせられたり、親の離婚による子どもの影響を考えさせられる内容だった。中盤だけをみていると、綾子の怖さなんて忘れてしまうような回だったんですが…。

あな家 木村多江の怖さ ー後半ー

秀明宛に届く郵便物や、フルーツを届けに真弓が秀明を突然尋ねる。そこに、またどこから現れたのかわからない綾子が歩いてきて、真弓が歩いているのをみつける。真弓は住所をみながら、秀明の家を探していると、綾子は突然ダッシュして逃走していく。裏道を使って、秀明の家に先回りをして、真弓がくるのを待とうとしていた。

ちょうどその時、秀明も帰宅してきて、真弓と自宅の前で会い話をしていると、秀明の家の玄関のドアが開き、「お世話になってます」と中から綾子が出てきたのだった。しかも、秀明が貸したパーカーを羽織って、いかにもこの家に住んでます!風に。

その三者が顔を合わす様子を少し離れた場所から、太郎もみていたのだった。綾子の演技から、綾子と秀明が一緒に住んでいると誤解が続いている森永さんが、太郎に話をしてしまい、太郎はその様子を確認してにきたのであった…。

あな家 木村多江の8話にネットでの声は?

あなたには帰る家がある。木村多江のキチガイっぷりがエスカレート回。傘の持ってるし!合鍵持ってるし!部屋に走り込んでパーカー着て…すげえな!ん?多江の過去には何があるのか。それを握るユースケはメアリージュン情報で行動確認。玉木宏の弱さと弱さゆえの折れない芯。頑張れはつらい言葉だけど。— 吉田潮 (@yoshidaushio) June 3, 2018


ーこんな風に木村多江の逃走には 多くの人が目を奪われたことでしょう。秀明を愛す心が大きすぎるがゆえに巻き起こすハプニング。まだまだ綾子の暴走は続きそうで、終わりがどんな感じになるのか気になってくる頃ですね。次も楽しみにしましょう!

スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました