【2019】闇営業で騒がれるメンバーは誰?Twitterのまとめ

国内ニュース

闇営業で謹慎に入った11人の芸人。宮迫、田村亮の名前が中心にあがっていますが、他のメンバーは誰なの?と思う人もいるのではないでしょうか。私もその一人で、名前だけ表記されていても顔が出てこない方もいます。なので写真と一緒に簡単にまとめてみます。芸人さん、こんな感じで名前が多くでることはとても悲しいですね。

闇営業とは?

「事務所を通さない営業」という意味 。これにより、自分に入る報酬が高くなります。しかし、サラリーマンでいう会社を通さず、勝手にお仕事をして、勝手に給料をもらっているという形になるので、会社側は許しがたい部分になります。また相手がどんな人間であるとか、背景にどんな人が絡んでいるかを確認するのは全て個人の責任であるため、報酬は大きいがリスクも大きいという営業になります。

お笑い芸人による闇営業問題 (wikiより)

2019年6月に発覚した日本のお笑い芸人による闇営業に関する一連の問題である。 この問題では、よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業の分社会社)所属者を筆頭に多数のお笑い芸人が反社会的勢力の会合に参加し、金銭を受領していた。

本項での「闇営業」とは、芸能事務所に所属する芸能人が所属事務所を通さず行う営業を意味する。直営業ともいわれる。

お笑い芸人による闇営業問題より

今まであった闇営業という言葉を越えて言葉がつくられるほど、大きな問題となっているのがわかります。

吉本闇営業芸人 メンバーTwitter一覧

・宮迫博之( 雨上がり決死隊

田村亮(ロンドンブーツ)

・木村卓寛(天津木村)

・住谷正樹(HG)

・福島善成(ガリットチュウ)

・くまだまさし

・ディエゴ(ストロベビー)

・八十島宏行(2700)

・常道裕史(2700) ※Twitter確認できず

https://t.co/s7h9XcbIXb
ザ・ツネハッチャン 常道啓史さん
誕生日おめでとうございます#ザ・ツネハッチャン#常道啓史 pic.twitter.com/ZXuYaL5JSi— ひゅうま (@ivzXEijlJ4Q6K4m) 2017年10月14日

・浜崎(ザ・パンチ・パンチ)

・ムーディー勝山

まとめ

実際に発表された吉本闇営業芸人の11人をみてみました。正直、若手のお笑いを覚えていない私には、ほぼ知らない状態の芸人さんが半分くらいでした。なんとなくみたこと、聞いたことはあるかな…といった感じです。実際、闇営業でもらっている金額も宮迫の100万、亮さんの50万、HGの10万といった金額に対し、3万円です。金額の大小に関わらず、反社会的勢力と関わってはいけないことは身にしみてわかったのではないでしょうか。

芸人の先輩、芸能界の先輩等が「謹慎になったら困るほどの収入しかもらっていない人が1番困る」と発言していました。これを聞いていて、確かに普段のギャラだけで少しの期間、謹慎していても生活には困らず「長期休み」程度の感覚の売れている芸人と、死活問題の芸人とで大きな差がありますね。

7月22日現在、吉本興業の中が大荒れしているような状態です。「会長が辞めたら俺も辞める」という主張をしている松本人志。「会長、社長が変わらないならば、俺が辞める」という加藤浩次。この問題は、3万円をもらっていたような芸人たちにはどんな風に響いているのでしょう。社長の会見後にまた書きます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました